So-net無料ブログ作成
検索選択

AKB48からJKT48に移籍した仲川遥香が凄い [AKB48]

仲川遥香さんが、5ヶ月でインドネシア語をマスターしたって?

仲川遥香さんは、自らJKT移籍を願い出たそうです。
AKB48では、そこそこの位置にいたと思うのですが。
仲川遥香さんは、ジャカルタに、何を感じたのでしょうか。

インドネシア後は、インドネシアに行く前に、勉強していたようです。
でも、そんなに時間はなかったと思うので、
基礎部分がやっとだったと思います。

やはり、仲川遥香さんの明るさが関係しているのでしょう。
JKT48が出来て1年がたっていました。
その中に、仲川遥香さんは入って行きました。



歓迎されたのか、そうではなかったのか。
結果を見ると、歓迎されたと思うのですが、
大変だったと思います。

生活習慣が違うところに来たので、
最初の頃は、よくお腹をこわしたと言っていました。

JKT48に溶け込み、自然に話しが出来たそうです。

語学を習得する上で、仲川遥香さんは、
とても参考になると思います。
------------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------------
「深夜特急」という小説があります。
著者が、乗り合いバスを乗り継ぎ、アジアを横断して、
ロンドンまでいった話しです。

その中に、中国で出会った日本人がいます。
工場の女工の指導をする立場の人です。

彼女達の話しを聴いているうちに、話せるようになったと言います。

仲川遥香さんは、JKT48の選抜総合選挙で3位になりました。
JKT48版「恋するフォーチュンクッキー」では、
センターを勤めています。

そして、何より驚くのは、
JKT48は、インドネシアでは、トップアイドルになっていることです。

インドネシアの人口は、約2.5億。
日本の倍です。
日本の、AKB48よりも影響力があるのではないでしょうか。



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。