So-net無料ブログ作成
検索選択

前田敦子 映画 さよなら歌舞伎町 [映画]

新宿歌舞伎町のある一日の物語。
前田敦子はミュージシャン志望。
音楽プロデューサーとラブホに入って...



まだ、AKBを知らなかった頃、ある映画を見ました。
「あしたの私のつくり方」

人気のあった女の子が、ある日からいじめの対象になって...
そして、家の都合で転校して行きました。
唯一、その子と話しをしていた子が、
メールでアドバイスを送ります。
うまくクラスに馴染めるように。
そのいじめられっ子が、前田敦子さんでした。

その次に前田敦子さん主演の映画は「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら」
でした。
経済書と女子高生の組み合わせが面白かったです。
------------------------------------------------------------------
スポンサーリング

------------------------------------------------------------------
ユロユリ団地は怖かったです。
こどもの頃、団地に10年ほど住んだことがありました。
妙なうわさは、いっぱいありました。
悪いうわさが立つと、たいてい引っ越して行きました。

最近見た「もらとりあむタマ子」は、これは、前田敦子さんの地ではないかと、
思ったりしました。しっくりしていました。

女優としても前田敦子さんを、ずって見ていたいです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Perfumeのマカロニは心を和ませる それはなぜか [Perfume]


Perfumeのマカロニは心を和ませる それはなぜか

8ミリカメラで撮ったような映像が流れます。
かしゆかって、こんなにきれいだったっけ?
前髪の印象が強くて、普通の髪型にすると、
見とれてしまうほどです。

わたしは、YouTubeからダウンロードして、
iPhone6Plusで見ています。

通勤前のマクドナルドで、
「マカロニ」を聴きながら、
マインドマップを描いてみました。

歌詞は、ごく普通の風景を描いていました。
普通が良い。そんな気持ちになりました。



メモは、たいてい、箇条書きでとっているのですが、
マインドマップにすると、理解し易いように思います。
放射状が、脳にしっくりくるのでしょうか。

ロケ地に行ってみたいと思いました。
こちらに詳しく紹介されています。
http://nochiinochi.blog24.fc2.com/blog-entry-1188.html

------------------------------------------------------------------
スポンサーリング

------------------------------------------------------------------

Perfumeと出会ったのは2年前です。
ポリリズムとか自然に聞いていたので、なんとなく存在は知っていたのですが、
積極的に聞くことはありませんでした。

YouTubeで、Perfumeのラジオコンテンツを聞いて行くうちに、
下積みが凄く長かったことを知り、
なんかちがうなあ、と感じました。

ずっと3人で行動していたのが、最近、1人で行動しているようです。
あーちゃんは、ラジオのDJを始めています。

■Perfumeの今更聞けないQ&A

Perfume入門です。



タグ:マカロニ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

KANO 海の向こうの甲子園 日本統治時代と、今を考えます。 [映画]

台湾の人は、なんて日本が好きなのでしょうか。
とても信頼して、とても尊敬してくれています。

東日本大震災が起きたとき、台湾の救援隊は、どこの国、地域よりは、いち早く駆けつけてくれました。
義援金も、最多の200億円を越えました。

かつて、日本は台湾を統治していました。
しかし、西欧式の植民地政策ではなく、灌漑設備など、
基盤となる事業を進めました。

建物なども、日本本国よりも素晴らしいものを建築しました。
農産物も、改良を重ね、寒冷地でも米が取れるようになりました。

日本本国と同様に、豊な国づくりをしました。
そこには、西欧列強と対抗する為に必要だったのでしょう。
互いに助け合わないと、いつしか、西欧列強に食いつぶされてしまうという
危機感があったのではないでしょうか。

とても印象的だったのは、
WBCの試合で、東京ドームで日本と台湾が闘いました。
日本は逆転で勝利しました。
台湾の選手達は、マウンドに円陣を組み、
360度の方角に挨拶をしました。

負けたチームが挨拶をするということは、
野球の観客に対してではなく、
もっと深い気持ちがあったと思います。



------------------------------------------------------------------
スポンサーリング

------------------------------------------------------------------

日本統治時代、台湾の学校が、日本の甲子園に出場して、決勝まで進みました。
わたしは、最近、知りました。
日本人、漢民族、先住民族の高砂族の混成部隊でした。

守備が上手い日本人。
打撃が強い漢民族。
足が早い高砂族。

それぞれ、得意なことで闘いました。



なんか、ワクワクして来ます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。