So-net無料ブログ作成

2014年の花見 東京の穴場はどこでしょうか。 [祭]

もっとサクラを身近に感じませんか。
ひとりでも、缶ビールを飲みながら、ゆっくりサクラをながめませんか。

もう、東京のサクラは散り始めました。
ひと雨くれば、もう、なくなりそうです。

次の動画は、podcastの「優香のココロ・カラダ・ゲンキ」の音声にサクラの風景を付けたものです。
場所は、隅田川のほとり。地名は「新川」です。
最寄りの駅は、地下鉄の「茅場町」「八丁堀」になります。



昼休み。土手側には、弁当を食べている近くの会社員がたくさんいました。
グループで、花見風にしている人々もいました。

去年は、わたしも職場が近くだったので、中華料理店で弁当を買って、
隅田川を見ながら食べました。
弁当は、ご飯もおかずもたっぷりで、缶のウーロン茶が付いて500円でした。

職場で花見をする習慣は、なくなりました。
昼休みや、通勤の行き、帰りに、ひとりで花見のポイントを見つけて
楽しんでいます。
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------------------

仕事の帰り、上野公園を通ったら、こんな内容の放送が流れていました。
8時にぼんぼりの電気を消します。
宴会中のお客さんは8時には切り上げて下さい。

なんか、風情がなくなって来ましたね。

不忍池の弁天様の回りには、屋台が並んで、みんな楽しそうでした。
最近は、韓国料理や中国料理の屋台など、外国の色が入ってきました。
食べてみたかったのですが、とにかく人が多くて、あきらめました。

飛鳥山をご存知でしょうか。
昔から、サクラの名所です。
でも、マイナーな場所ですね。
テレビなどにも取り上げられません。
でも、サクラは見事です。
小さな山がサクラで埋めつくされます。

近くに、今はコンクリートの塀になってしまいましたが、
以前は、煉瓦の塀で、その塀越しに、サクラが見事でした。
明治や大正時代の雰囲気がありました。

サクラの木が数本ある小さな公園で、
コンビニで買った、発泡酒と菓子パン。
ほんの10分か20分。
夕風、夜風に吹かれて、
すこし寒いかもしれませんが、
サクラの花びらが散って行く姿をながめてみませんか。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

秋祭りの季節です 2013年も「古河提灯竿もみまつり」が行われます [祭]

ちょっと変わった祭です。 関東の奇祭と呼ばれています。 「古河提灯竿もみまつり」とはどんな祭なのでしょうか。

■去年の映像を載せました。
iPhoneで撮った動画です。



長い竹竿の先に提灯を付け、竹竿でチャンバラのように相手と戦い、
提灯の火が消えたら負けです。
提灯の火が消えないように、いろいろな工夫をしています。

とても長い竹竿で、一つの竹竿に5,6人の人が取り掛かります。

saomomi.JPG

お祭りの楽しみの一つに、出店があります。
「古河提灯竿もみまつり」でも、古河駅から続く道を交通規制して、
さまざまな出店が並びます。

その一つに「たこ焼」があります。
普通のたこ焼ではなく、一つのたこ焼に「イイダコ」がまるまる一匹
入っています。確か、ワンパック6個入っていたと思います。
6匹のイイダコです。

普段食べるたこ焼は、タコが入っているのかいないのか、わからない
ようなものが多いですが、
このイイダコのたこ焼は、がっしりとイイダコが入っています。
アゴがくたびれます。

古河には、他にも祭はあるのですが、このイイダコのたこ焼は、
「古河提灯竿もみまつり」の時しか見かけませんでした。

少し寒くなった頃の祭です。
たこ焼や、今川焼が楽しみです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

土浦花火大会 開催日 アクセス 警備員のアルバイト [祭]

土浦花火大会 開催日 アクセス

開催日は、10月5日(土)
荒天の場合、10月6日(日)、10月12日(土)〜14日(月)の
いずれかに延期。

2万発

アクセスは、JR土浦駅から有料シャトルバスがあります。

土浦花火大会の正式名称は「土浦全国花火競技大会」
日本三大花火大会の一つ。

もともとは、
神龍寺の住職が、霞ヶ浦海軍航空隊と親交が深く、
航空戦死者を慰める為に行った花火大会であった。

全国の花火職人が参加する。
この成績が、翌年の売上げにつながる。

4年前に、土浦花火大会の警備員のアルバイトをした。
この時は、遠かったので、事務所に集まってマイクロバスで移動した。
警備員は、たいてい、現地まで自力で行くことになっていた。

わたしの任務は、危険な場所に、人が入り込まないように、
その入り口近辺に立って見張ること。

会場からはかなり遠かった。
だから、花火を見ることもなかった。

基本的に、警備員は花火の方向に目を向けてはいけなかった。

人を誘導したり、自動車の交通規制をしたりするのは、
なれれば楽だ。

一番辛いのは、ただ、立っているだけ。
時間の流れがすごく遅く感じる。

大会の終わり頃になると、帰りの人の流れが出来るので、
その誘導に当たった。

任務が完了した時は、いつも、達成感を感じた。
遠い人は30分程早く帰れた。
残った人たちも、特に仕事はなく、待機するだけだった。

警備員は、思う以上に、大変な仕事だった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大島優子 不動の上島竜兵を抑え第1位に もうひとつの総選挙 太田プロ [祭]



ダチョウ倶楽部の上島竜兵が2連覇中の、「太田プロ総選挙」
今年の第3回大会では、大島優子が1位をとったあ。

ooshimayuuko.jpg

有吉弘行の独断の順位付けとか。

1位 大島優子
2位 上島竜兵
3位 有吉弘行
4位 前田敦子
5位 片岡鶴太郎
6位 中村橋之助
7位 劇団ひとり
8位 土田晃之、松村邦洋
9位 神奈月
そして10位に 指原莉乃

さすがに太田プロは、メンバーが凄い。
こちらの方が面白い。

AKB48の総選挙は、始めの頃は人気投票の色が強かったと思うが、
だんだん、政治の世界の要素が入り込んで来たように思う。

下位の人たちの方が、人気投票的な色彩が強いと思う。
アンダーガールズあたりが、本来のAKB48の姿なのではないのか。

いつでも会いに行けるアイドル達。
トップ16は、もうスターである。

5年前、秋葉原の小さな劇場で、
地下アイドルと呼ばれる子達の歌を聞いた。

AKB48の歌が多かった。
「桜の花びらたち」
手の振りを教えてくれて、いっしょに振りを真似した。

仕事に行き詰まり、くらーい気持ちでいっぱいだった時だ。
小さい劇場で、夢を追いかけている子達を見ていると、
元気が出た。

時には、着物姿で、演歌を歌う子もいた。
全てが一瞬のできごとだったようにも思う。

その中に居られたことは、ありがたいことだ。

■3期生たちの初代チームB
ゆきりんもまゆゆも初々しい




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

アソビマチフライヤー [祭]

マチアソビとは、ufotable徳島スタジオ (ufotable TOKUSHIMA) がプロデュースするイベント。初回開催は2009年10月。

マチアソビのフライヤーを見ていたら、4日に「紙相撲大会」とあった。

紙相撲とは、相撲力士をデフォルメした形の紙の人形を台の上に載せ、台の端を叩いて振動させ、相撲の取組に似た動きをさせて勝負する遊びである。昭和50年代にブームになったことがあった。

ufotableCINEMAエントランスにて開催、とあった。
もう出来ている紙相撲があるのか、その場でボール紙を切りぬいて作るのか。
国技館を模した会場があるのか。
単純な遊びだけど、老若男女が楽しめる。

紙相撲のことを調べてみると、実に面白い。
「日本紙相撲協会」があり、その理事長宅に国技館があるという。月一回泊まり込みで紙相撲をやるらしい。

「空の境界」のしおりストラップが1000円。ほしいな。
「空の境界」を見て感じたことは、最近のアニメは不思議なものが多いということ。

以前は、「アキラ」の圧倒的が力に驚いたが、なんとなく理解出来た気がした。
「夏目友人帳」も、ありそうだなと思うし。
「空の境界」は、まだ理解できていない。

いろんなものが混在する「マチ★アソビ」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。