So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ

AKBが襲われた。警備の盲点か。 [イベント]

いつでも会いにゆけるアイドルとして生まれたAKB。
ファンとの間に垣根を作らず、
ファンと一体となって歩んで来たアイドル達。

どのようなイベントでも、人が集まる行事には、
警備が必要です。

警備会社が請け負った場合、警備計画書を作成して、
関係者と協議を重ね、実施されます。

AKBの握手会でも、警備については、さんざん検討して来たと思います。
手荷物検査や、簡単な身体検査(空港などで行われている)も検討されたと思います。
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------------------

しかし、AKBの本来の姿を見せたかった。
その分、スタッフの責任は重くなったことでしょう。

今回は、守りきれませんでした。
指の骨折という、大けがをさせてしまいました。

ここで、警備について少し述べたいと思います。
人が集まるところでの警備で、一番注意することは、
人が固まらないようにすることです。

通路に立っている人や、座っている人がいた場合、
前に進むように促します。
常に人を流動させ、
固まらないようにするのです。

では、固まるとどうなるか。
起こりうることは、将棋倒しです。
固まっているから倒れず、ものすごい力で圧迫され、
最悪、窒息死するのです。

以前、明石の花火大会で事故がありました。
何人もの人が窒息死しました。

今回の事件は、凶器を持って襲いかかりました。

握手会は、直接手と手をふれあわせます。
汚い手でのぞむファンもいるそうです。

凶器を持ち込めたというのは、何のチェックもされていなかったのでしょう。
ディズニーランドのゲートでは、簡単な手荷物検査があります。
それくらいのことはしてよいと思います。
ファンも同意するでしょう。

川栄李奈さんは、右手親指骨折と裂傷、入山杏奈さんは、右手小指の骨折と裂傷。
手術を受けたそうです。
怖くて、痛くて、可哀想です。
タグ:襲撃
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネイルアート 簡単 ハロウィン [イベント]

ネイルアート 簡単 ハロウィン

ちょっと前までは、ネイルアートはお店の人に任せていた。
自分でするのはマニキュア、ペティキュアくらいだった。

ネイルアートも進歩して、個人でも、しゃれたデザインを
作れるようになった。

スタンプのように、見本をそっくり自分の爪に簡単に
貼り付けることも出来るようになった。

もうすぐ「ハロウィン」。
子供も大人も、友達同士で、小さなパーティーを開くようになった。
少しくらい、思い切ったファッションをしてもいい。

ネイルアートは、隠れたファッション。
小さいものをこまごまと作るのは、日本人の特徴。
そこに宇宙を感じる。
子供も大人も楽しめる。

爪の化粧ではない。アートなのだ。

ネイルサロンは、女性にとって、憧れの空間ではないだろうか。
客として入るのも、
商売として始めるのも。

人気ドラマ「半沢直樹」の中でも、
ネイルサロンの出店を夢見る未樹(壇蜜)が登場した。
美容院などと違って、資格はいらない。
工夫しだいで、いろいろ展開出来る商売ではないだろうか。

こんなアイデアはどうだろうか。
左手の薬指のネイルだけ、アートにする。
回りのみんなは気になるのではないかな。
「何かのマジナイかな」
「魔除け?」
「開運?」

回りの人たちが関心を持ってくれる。
自慢して見せられるようなものにしたい。

ハロウィンを100倍楽しみましょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ハロウィン 衣装 手作り マント [イベント]

ハロウィン 衣装 手作り マント

日本の高円寺では、子供達が仮装して商店街を練り歩き、お菓子のプレゼントを
いただく行事がありました。
お母さんたちが手作りでマントなどを作って、子供達を着飾りました。
今年はスケジュールに入っていないので、開催しないのでしょうか。

そもそも「ハロウィン」とはなんでしょうか。
かぼちゃでランプを作ったり。
仮装して街を歩き回ったり。
高校生の時「ラジオ英語会話」を毎日聞いていて、
この季節になると、話題が「ハロウィン」になりました。
なんかピンとこなかったことを覚えています。

もともと、ヨーロッパの民俗行事で、毎年10月31日の晩に行われました。
死者のまつり、および収穫祭です。
アメリカに渡り、アメリカの非宗教的大衆文化に染まり、
現在の姿になったようです。

高円寺といえば「阿波踊り」が有名です。
じつは、高円寺の「阿波踊り」の警備の仕事をしたことがあります。
人がたくさん出るので、人の誘導などです。

私は、新人ということでもあって、交通規制を行いました。
自動車を通行止めにするので、その見張りです。
強引に入って来る車がいるのです。

私は、まつりの会場からははるかに離れた所に立っていました。
車が来たら、まつりの説明をして、迂回してもらいます。
その時は、ほとんど車は来ませんでした。

雨に打たれて、ただただ、立っていました。
なんどか、近くのコンビニのトイレを借りました。
まつりなのに、まつりの音も聞こえない所でした。
まつりに行く人たち、帰る人たちの姿だけをみていました。

華やかなまつりのかげに、
それを支えている人たちが働いています。
「なんでこんなところに立っているの?」と
言われようが、それが仕事です。
全体を考えている人がいて、
その中に私の役目があるのです。と、今でも信じています。

ハロウィンって「死者の祭」ですよ。
魑魅魍魎の世界。
子供たち、食べられてしまいますよ。
恐いお化けがいることだけは教えましょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

指原莉乃 1位 なぜ [イベント]

指原莉乃さんが1位となった。
その舞台裏は・・・

故田中角栄流の「どぶ板」選挙戦術だったという。

故田中角栄氏は語っている。

「まず個別訪問3万軒、辻説法5万回。
続いて沢の奥まで行き、30軒、40軒しかない集落にも足を運ぶ。
そして心を込めて名刺を差し出す」

「地道な選挙運動を行なえ。手を抜くな。徹底的に有権者と接しろ」

「流した汗と振り絞った知恵の分だけ結果が出る。選挙に僥倖(ぎょうこう)はない」  

今回のAKB48選抜総選挙では、大分市出身で、市の観光大使にも任命されている指原莉乃さんに対し
同市の釘宮市長が全面支援を宣言していた。

指原莉乃さんは、昨年、研究生時代の男性との交際が発覚し、AKB48から福岡・博多を拠点とするHKT48へ移籍した。

指原莉乃さんは、腐らず、懸命に汗をかいたことで、従来のファンを奮い立たせ、新たなファンもつくり出した。

釘宮氏が国会議員時代から「政治の師」と仰ぐ羽田孜元首相サイドも釘宮氏の要請を受けて指原を全面支援した。

指原莉乃さんに代わって羽田氏サイドは最低2万人に声をかけたといわれる。
政治家関係者から、その何十倍の人々に伝わり、AKBファンでないひとから多くの投票があったのではないかと思われる。

本当に、政治家が介入していたとしたら、AKB48の選抜総選挙の意義が失せるのではないのか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画の日 電波の日 [イベント]

映画の日

今日、6月1日は「映画の日」。

かつては、12月1日が「映画の日」とされていた。
現在は、東京、千葉・神奈川・埼玉・大阪・兵庫・長野は、毎月1日を「映画の日」にしている。

特典として、封切りの映画を、1,000円で見られる日。(一部例外あり)
また、指定席にも自由に座れる場合がある。

都心では、まだ映画館が存在しているのだろうが、
わたしの近所では、どんどん映画舘がマンションになったりして
なくなっていっている。

その代わり、ツタヤができている。
テレビも大きな画面になったし、DVDでも十分かな、と思ってしまう。

旧作なら100円。
最近、母と見るようになったので、旧作を探して見ている。

でも、母も「映画館で見たいね。でも、近所に映画館がなくなっちゃったからね」と。

映画を見なくなくる、最近話題の「映画」がわからなくなってしまった。
気にしなくなったんだな。

だから、DVDの新作コーナーは、封切の新作と思ってしまったが、
よく見ると、DVD化の新作であって、封切の新作ではないことに気づいた。

大学受験を控えた冬休み、
高校のクラスの友人が「映画観に行こう」と誘いに来てくれた。

一人の女の子(片想いだった)は着物姿だった。

当時は、映画舘はけっこう混んでいた。
みかんと、なにかお菓子を買って、駅前の映画舘に行った。

なんとか座れることが出来たが、男のグループと女のグループとに席が分かれてしまった。
お菓子のやりとりもなく、男グループは「みかん」、女グループは「お菓子」を食べながら
「フーテンの寅さん」を見ていた。

映画が終わり、喫茶店に入った。
「みかん食べたかったのに、まわってこなかった」と批難された。

「通路にも人がいっぱいだったから・・・」と、わたしは歯切れわるく言い訳。

「映画舘」で見る映画は、映画そのものもあるが、
別の場面が一杯あって、その思い出の方が多い。

着物姿の女の子は、今は三児の母。旦那さんは知らない人。

追記
6月1日は「電波の日」。
電波を大切にしましょう。

電波利用にはお金が掛かっています。
大切に利用しましょう。

↓総務省電波利用料のサイトです。
http://www.tele.soumu.go.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

土星 月 スピカ(乙女座の星) [イベント]

土星 月 スピカ(乙女座の星)

もうすぐ満月。
窓を明けると、月が煌々と光っている。
近くに土星とスピカも光っているようだが、
月があまりにも明るくて、良く見えない。

星座を眺めていたら、すごく懐かしい思いになった。
月とか星をよく見たのは子供の頃だ。
大人になってからは、意識して見なくなった。

スピッツの歌に「スピカ」がある。この星のことなのかな。

YouTube に「スピカ」があったので、ここに貼りつけてみた。



昼休み、弁当を食べながに、占星術に本を読んでいた。
弁当は、中華料理店で買った。
黒豚の酢豚。
ご飯は卵炒飯。
缶のお茶と杏仁豆腐付きで500円。
開店祝いとかで付けているらしい。

弁当と本を持って、隅田川のテラスに向かった。
テラスとは、隅田川の両側の遊歩道のこと。
ベンチがあったり、緩やかな階段があったり、
腰かけて弁当を食べることが出来る。

近くのビルで働いている人々が沢山弁当を食べている。
日に当たって気持ちが良い。

読んでいる本は、「糸川英夫の細密占星術」
出生時の惑星の位置や星座の位置で、占いをする。
よく勉強して、ブログやホームページに載せようと思う。
生年月日と生まれた時刻を入力すると、占い結果が出るような仕組みを考えている。

タグ: 土星
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

マダム・タッソー 等身大フィギュア マイケルジャクソン、マリリンモンロー [イベント]

「マダム・タッソー」とは、ハリウッドスターやスポーツ選手などの
等身大フィギュアがいっぱいの体験型アトラクション。

ゴールデンウィークの最後の日の午後3時ということもあり、
当日券を買う時に15分くらい並んだが、
後は、わりとスイスイ行けた。
大人が1900円。子供がいっしょなら、レゴランドのアトラクションを
付けると、すこしお得なようだ。大人だけで行くのなら、
「マダム・タッソー」だけで十分。

AKBの大島優子さん。小さくて可愛い。
前田敦子さんもいた。
前、石原都知事は、背が高い。

フィギュアといっしょに写真をとりあって楽しむ。

今日は、二箇所で写真をとってくれるサービスをしていた。
iphoneを渡して撮ってもらった。
最初は、備え付けのカメラで撮って、
次に、手渡したカメラで撮ってもらう。
番号を書いた紙が手渡され、
希望者は、その時の写真を購入出来るらしい。
私たちは、先を急いでいたので、通り過ぎてしまったが。

行く時にちょっと迷ったので、紹介してみる。

JR新橋駅から「ゆりかもめ」で「お台場海浜公園」駅で下車。
デックス東京ビーチに向かう。
建物に「DECKS」の表示があったので、そこを目指した。

途中に「マルエツ」があり、迷い込んでしまった。
階段を降りず、上の通路でデックス東京ビーチに行ける。
見通しがきかないのと、案内板もないので、人がたくさんいれば
後を付いて行けばいいと思うが、少ない時は、迷う。

デックス東京ビーチの建物に着いたら、案内板があったので、
自分の位置を確かめた。
建物の間の通路をまっすぐ行き、(この途中に喫煙所があった)
左手の建物の入り口を入ると、「マダム・タッソー」に入り口になっていた。

1900円は、ちょっと高いなあと思ったけど、
十分楽しめた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター
イベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。