So-net無料ブログ作成
検索選択
コンピュータ ブログトップ

スマホ普及 PC離れ パソコンの未来は [コンピュータ]


朝起きる。
天気を調べる。
電車の状況も調べる。
トイレで新聞を読む。

わたしは、iPhoneで行っている。
手のひらサイズのコンピュータ。
アップルが起こした革命の産物。

家には、iMac
iMacで、テレビドラマをよく見る。
最近は、韓国ドラマ「海神」に夢中。

本屋で、「まいにちハングル講座」と
「Enjoy Simple English」のテキストを買った。

CDは買わず、1週間遅れで、サイトからダウンロードしている。
それをiPhoneに入れて、電車の中で聞いている。

------------------------------------------------------------------
スポンサーリング

------------------------------------------------------------------

仕事では、もっぱらバソコンを使用している。
若い時に、ブラインドタッチを身につけていて良かったと思う。
日本語は、ローマ字変換を使用せず、カナ変換を使用している。

カナキーって、日本独特だし、
なんとか式とかあるそうだし、
伝統を受け継いでいるっていう気持ちもある。

学生のころ、ひらがなタイプライターを使用していた。
「知的生産の技術」という本に感化されて、
京大式カードとかもやってみた。

成果はなかったが。

スマホやパッドの普及で、キーボードが使われなくなる時代が来るという話しだが、
文章を書くときは、やはりキーボードの方が早いし楽だ。

ビジネスのほとんどは、メールのやり取りになりつつある。

スマホもバソコンもそれぞれ長所がある。
それを生かして、今後も仲良く付き合いたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

macbook air 2014の評判 [コンピュータ]

スティーブ・ジョッブスが、マニラ封筒からパソコンをとりだしたCMは衝撃的でした。
どれだけ薄いんだ。
何でこんなことが可能なのか。信じられませんでした。


その時、ちょっと想像したことは、iPhoneの技術を取り入れているのではないかと。
ハードディスクをもたず、Flashメモリを使用しているのではないかと。

予想はほぼ的中しました。

メモリをディスクとして使用する技術は、昔からありました。
初代の東芝のダイナブックがそうでした。
RAMディクスと呼んでいました。
電源をおとしても、データは消えませんでした。

それから、長い年月が経ちました。
いろんなパソコンが世に現れ、消えて行きました。

数年前、家族にねだられて、MacBookProを購入しました。
海外にいる家族とテレビ電話を楽しんだりしています。

私が、新しいパソコンを購入しようと考えたとき、
iMacを薦められました。
本当は、MacBookAirが欲しかったのですが、
会社に個人のパソコンを持ち込むことが出来ないルールだったので、
家で使うしかなかったので、iMacを購入しました。

ちょっと後悔しています。
Google
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------------------

大量にデータを保持することもないので、メモリはそんなにいらないです。
iPhone5も、メモリ16Gです。
十分です。

音楽は、YouTubeを観ています。
映画ドラマも観ています。

MacBookAir の方がよかったのです。
MacBookAir は、最後のノートパソコンになるのではないでしょうか。
今も進化を続けています。

より薄くということは、よりシンプルになっているということです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

iPhone6の衝撃 [コンピュータ]

iPhone誕生秘話はとても生々しく感じた。
2年半のマラソン
前例のないものを作っていく過程。

ジョブズ氏のリーダーシップがあったからこそ
実現出来たのだろうと思う。

ずっと昔、マッキントッシュを自分の子供のように紹介している姿があった。
アイコンとかマウスとか、どんなものだろうかと想像してみた。
とても高価なコンピュータだった。
雑誌の広告には、70万円の値段がついていた。
関税がかかっていたのだろうか。
アメリカ国内では、そんなに高くはなかったと思う。

NECのビジネスパソコンに、形が似ているものがあった。
o3(オースリー)と呼んでいたパソコン。
こんなの個人で持ちたかった。

スマートフォンは、iPhonから始まったと言ってもいい。
当時、軽い携帯を各社が開発していた。
iPhoneは重い。
形もただの箱型。とてもシンプル。
電話の形ではない。

世界を変えてゆくものは、
一握りの天才と、
その天才を支えていく多くの人たち。

そんな中に自分は居たいと思う。
叶わぬ夢かな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ウィンドウズXP サポート切れ サイバー攻撃の危険は高まる 自治体「攻撃めったにない」 [コンピュータ]

ウィンドウズXP サポート切れ サイバー攻撃の危険は高まる 自治体「攻撃めったにない」

マイクロソフトのウィンドウズXPのサポートが来年4月で切れます。
自治体での更新作業は遅れているようです。

ウィンドウズXPサポートが切れると何が起きるのでしょうか?
ウィンドウズXPのセキュリティーホールが見付かっても、修正版が配信されなくなります。
たぶん、ウィンドウズXPのセキュリティーホールをチェックする作業自体やらなくなるのでしょう。

かつて、ウィンドウズVistaが出たとき、漢字問題があり、
ウィンドウズXPから移行せず、ウィンドウズXPを
使い続けたところが多かったと思う。

ウィンドウズ7が出て、移行が開始されたような感じを受けた。

でも、なぜウィンドウズXPのサポートを切るのでしょうか。
複数の基本ソフトの保守に経費がかかるからでしょうか。
複数の基本ソフトの保守をすることによるメリットもあると思いますが。

ソフトウェアは、必ず進化するものではないし。時には後退するものもあります。
20年前、3人でできたものが、今では10人以上必要なケースもあります。
その分、使いやすくなったのでしょうが、必要な機能はあまり変わらないように思います。

伝票を入力するときなど、ファンクションキーとテンキーだけですんだのが、
マウスでプルダウンからから選択させたり、また、それを作りこむのに労力を必要とするようになりました。

古いものも生かしつつ、新しく進化したものを作り上げて行くべきではないでしょうか。

人間の脳の中にも、古い脳と新しい脳があります。それらが協力し合って、
人間の脳になっているのです。

自治体は、役所なんだなぁーと思いました。
戸籍や住民票のデータが流出したらどうするのですか、と言いたい。
まさか自宅にパソコンを持ち帰って、ネットサーフィンとかしていないでしょうね。
職員の発言に、そんな危惧を感じます。

そころで、戸籍や住民票を扱う業務システムインターネットに繋げているのですか?
いくらサポートがあっても、100%安全ではないのだし、なんか変ですね。

各国で、サイバー攻撃専門部隊が養成されている今、何が起きるかわからない世界に
進化(退化)してきているような気がします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

新型ロケット イプシロン インターネットで管制? [コンピュータ]

新型ロケット イプシロン インターネットで管制?

9月14日、国産新型ロケットの打ち上げに成功した。
世界初のコンビュータによる自動化システムにより、
開発や打ち上げのコストを大幅に削減した。

搭載電子機器をLANのようなシリアルパスで接続することにより
簡素化した。

搭載点検系の機器と地上設備をネットワークで結び、
自律点検機能を持たせた。

このへんは、惑星探査機「はやぶさ」の技術が生かされているのだろう。

数人で数台のパソコンを使って、点検や管制を行えるようになった。

原理的には、インターネットを通じて世界中のどこからでもパソコン1台で
全ての管制が出来るらしい。

コンピュータシステムについて少し述べてみたい。
インターネットの普及で随分と様子が変わった。
モヤモヤしてよくわからないのが「クラウド」

古い型から話してみよう。

25年程前、社員100人ぐらいの壁紙メーカーでは、
オフコン(オフィースコンピュータ)を導入していた。
売上げ伝票を打ち込み、
日計表から月計表、請求書を作表していた。
キーパンチャーが伝票片手に、キーを打ちまくっていた。

そこの会社の業務用プログラムは手作りされていた。
そこの会社でしか使えないシステム。

同じようなことを今やろうとしたら、
どんな方法が考えられるだろうか。

入力方法は変わるだろう。
バーコードを「ピッピッ」とかざし、金額の数字をキーでたたいておしまい。

25年前は4畳くらいのコンピュータ室が必要だったが、
今なら、コピー機のとなりにちょこっと並んでいるだろう。

インターネットを使えば、コンピュータは端末としてのパソコンのみとなり
業務用プログラムがあるコンピュータはクラウドの中。
業務用プログラムは、会社独自のものではなく、
業界の標準仕様で作られていて、
帳票の形式とか入力の形式を定義するだけですむ。

25年前は鉄道がストで動かない日があった。
そんな時は、電車で通勤している人は会社に泊まり込んだ。

今なら、自宅でインターネット環境があれば仕事が出来る。
残念ながら、在宅勤務は、今もって実現できていないが。

インターネットは、どこでもドア。
どこにいても、仕事が出来る。

日本でうまれた技術が世界を変えて行く。
そんな時代に突入したのだろう。









クラウドワーカーが世界を変えてゆく アルゴリズムコンテスト  [コンピュータ]

「クラウドワーカー」とは、オンラインで営利、非営利のプロジェクトに参加して、
労働力を提供する人たちのことである。

例としては、オンライン百科事典の「ウィキペディア」がある。
専門家と素人の区別なく、誰でも参加できる。
間違った原稿は他の人が削除、再執筆されるので、日々進化している。

紙の寿命は、約100年といわれている。
各国の公立図書館には、貴重な資料が眠っている。
それらをデジタル化して、閲覧や検索が出来るようになると、
さまざまな分野の研究に加速がつくだろう。

だが、大規模な人海戦術になるので、多額の資金が必要になる。

そこで、一般市民の善意の力によって進めようとする動きがある。

ただ、ボランティアだけでは、なかなか進まないだろう。

動議付けが必要だ。

そこで、賞金付きのコンテストを開いて、
民衆の関心を高めることなどが行われている。

その中で、アルゴリズムコンテストでは、次のことが行われた。

DVDをレンタルした人に対して、
「こちらの商品もおすすめです」とリコメンドするためのロジックの効率化を
競わせた。

参加者は1億件の匿名ユーザーデータをダウンロードし、
自分で作ったアルゴリズムを通して作成したリコメンドデータを投稿する。
運営サイドは、その投稿データを検証して、参加者の成績をweb上に公開する。

AmazonやYouTubeなどは、自前で作ったのだろうか。

資金力のない企業は、コンテストを開くことによって、
大きな成果を手に入れられるのかもしれない。

コンピュータソフトの開発現場は、
相変わらず、地味で、長時間労働を強いられ、
効率化されていないところが多い。

特に、公官庁は、信じられない程、無駄に資金を使っている。
総務省などが音頭をとって、いろんなコンテストを開けば、
世界からの英知が得られるのではないだろうか。

それらを、うまく業務につなげる技術者を生んでゆけば、
新たな労働市場も生まれるだろう。

フォートランやコボルの時代から、javaやC#の時代に変わり、
技術者の質が変わった。

常に流動している技術の世界。

クラウドワーカーは、あらたな時代を築きあげて行くのではないだろうか。

そんな夢を見たい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

プログラマーになりたい システムエンジニアになりたい [コンピュータ]


コンピュータプログラマになりたいですか?

最近は流行りませんか?

カッコ良くないですか?

正直、ジミーな仕事です。

WEB系の職場には、デザイナーもいて、ちょっといいです。

服装も自由ですし。

20数年前、夢と希望を抱いて、プログラマーの世界に飛び込みました。

大学を卒業して2年。ビル管理会社で2年間掃除をしていました。

夢破れて山河あり。

コンピュータは、大学で「情報処理概論」を受講しただけです。
磁気コアの時代です。
カードパンチの時代です。
でも、それすら触ったことありませんでした。
机上のみの勉強でした。

そんな素人のわたしを受け入れてくれる会社がありました。
無惨にも、1年後に退社することになりましたが。

でも、最初の一ヶ月、いや、3週間の基礎学習が、後のプログラマー人生に大きな礎を残しました。

今はどうか知らないのですが、
その3週間の間、みっちりやった「フローチャート」の作成が、プログラマーとしての
基礎の基礎を形作りました。

では、その「フローチャート」の内、四題をお届けします。

1問 1から1000までの総合計を求めない。

2問 初期値nから最終値mまでの総合計を求めなさい。
   n,mは、タイプライタからinputされる。
   表現が古いです。「タイプライタからinputされる」は「画面から入力される」「コンソールから入力される」
   まあ、こんなところでしょう。
   ※1問の応用問題です。

3問 1から1000までの奇数、または、偶数の総合計を求めなさい。
   奇数/偶数の別はねタイプライタの指示による。
   ※これも1問の応用問題です。

4問 1からnまでの素数はいくつあるでしょうか。個々の素数を表示し、かつ、
   全部でいくつあったかを表示しなさい。
   ※素数とは、1と自分自身でしか割り切れない数です。つまり、小数は考えません、全て整数になります。
    1,2,3,5・・・こんな感じ。

1問から3問は類似問題です。
1日から2日で出来るでしょうか。
4問は大事です。4日は考えつづけて下さい。
考え続けることが、プログラマーの仕事です。その訓練です。
最近は、出来合いのものをつなげて、プログラムにしてしまうようですが、
考え抜く訓練は、とても大切だと信じています。

それがあったから、20年以上、プログラマーとして、システムエンジニアとして生きて来れたと思います。

興味がある方は、挑戦してみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新MacBookAir iPhoneと同じSSDを採用 世界開発者会議2013 [コンピュータ]

WWDC(World Wide Developers Conference)世界開発者会議2013

ここで発表された「MacBook Air」は、どんな感じ?

筐体デザインは従来と変わらない。

CPUが新しくなった。
インテルの「第四世代インテルCoreプロセッサー」搭載。

バッテリー性能とグラフィック性能が向上した。

13.3インチモデルでは、バッテリーでの駆動時間が12時間。
11.6インチモデルでは、9時間。

ストレージにSSDを採用。従来より45%高速化されたSSDとなっている。

SSDとは何か。
一般的に、パソコンの補助記憶装置には、ハードディスクが使用されている。
かなり小さくはなって来たが、駆動部分があるため、ときたまクラッシュして、
おだぶつになる。仕事で一度経験した。

SSDとは、Solid State Drive。半導体メモリのフラッシュメモリを使用した
補助記憶装置である。
USBメモリを大きくしたようなものだ。

ハードディスクよりも消費電力が低く、発熱も少なく耐衝撃性に優れ、小型で、
動作音も発生しない。

ただ、ハードディクスに比べ、容量が小さい。
iPhoneにも同じものが使用されている。

最近は、クラウドも使用出来るので、容量はそんなに必要ないのかもしれない。

「MacBook Air」は、大型の封筒にすっぽり入ってしまう。



タグ:バッテリー

ウイルス対策情報通信研究機構 [コンピュータ]

独立行政法人の情報通信研究機構が石川県能美市にウイルスの実験施設を設置することになった。
省庁や企業の通信ネットワークが再現され、実際にウイルスを動かして調べることがでるらしい。

フィリピンにも、米国のコンピューターウイルス対策ソフトメーカーの研究所がある。
フィリピン人の気質がウイルス対策ソフトの開発に合っているようだ。
いつ作られるか分からないウイルスを待つのが、日本人や欧米人には辛い。
フィリピンの人たちは暇さえあれば仲間とおしゃべりを楽しみたいから待つのは嫌ではない。ウイルスソフトの開発の仕事にはぴったりだそうです。

ソフトメーカーは、ウイルスが発見されたら、即、解析し、対策ソフトを開発するようだ。日本の実験施設は、どのように機能するのだろうか。

対、とある国を標的にしているのだろうか。国がサイバーテロを仕掛ける時代だ。

サイバー攻撃を受けるとどうなるか。
コンピュータの制御が乗っ取られる。
現代は、全ての制御にコンピュータが使用されている。
最新の電車の運転は、コンピュータから映し出されたスクリーンを確認するだけだ。
電力も水道もガスも、全てコンビュータで管理されている。
それが止まったら。
生活の基盤が失われ、大混乱に陥る。
そこへ、他国の精鋭部隊が乗り込んできたら、
たちまち、日本は制圧されてしまうのではないだろうか。

ロートルな技術も残して、最低限の働きが出来るような仕組みが必要ではないだろうか。
既に、そのようなことは行われているのかもしれない。

あの、零式艦上戦闘機は、牛車にひかれて飛行場に移動したという。
ハイテクだけが技術ではない。
ローテクでも、素晴らしい技術はあるのではないだろうか。
と、希望を抱く。
コンピュータ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。