So-net無料ブログ作成

小泉純一郎の脱原発 2chを通して知ったこと [技術]

小泉純一郎元首相が、民間シンクタンク「国際公共政策研究センター」の顧問を辞任しました。
「脱原発」とは相容れない財界と決別しました。

「脱原発」は、小泉純一郎氏の、最後の闘いと認識しました。
「何がやってくれる」という期待感があります。

政界は、相変わらず、お金の問題ばかし。
期待感がちっとも持てません。

次の音声では、小泉純一郎氏が「原発をゼロにする理由」を分かりやすく話しています。


原子力に頼らない理由をあげてみました。
1.放射能の危険がある。
 福島原発事故が、まさにそうでした。
2.放射性廃棄物が増え続ける。
 安全に処分することが出来ない。
3.核拡散の危険がある。
 多分、日本は、すぐにでも原子爆弾を作れると思う。
4.最新技術にも関わらず、作業する人は、また受けの会社ばかり。
 バケツを使った事故もありました。
5.電源三法交付金で、自治体の自立を損ねている。
 地域の経済的自立は、交付金があるかぎり、成り立ちません。

いろいろありますね。
Google
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------------------
風力発電の風景


よく、この通りをオートバイで走りました。
夢があります。

家族でピクニックにも来れます。

夢のある社会にして行きたいです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

無人海底探査機「江戸っ子1号」世界初 水深8000メートルで動画撮影に成功 [技術]


下町企業や大学などが共同で開発した無人海底探査機で、
水深8000メートルでの3D動画の撮影に、世界初成功しました。

房総半島沖200キロの水深8000メートルの日本海溝で
撮影は行われました。




水深10メートルの水圧は、水の圧力1気圧+水面を押す大気圧1気圧で、2気圧かかかります。
では、水深8000メートルの水圧は、800+1で、801気圧です。
ちょっと想像できません。

そんなところへ、カメラを沈め、撮影をし、無事に回収しました。
圧力に耐えうる構造、それを作成した技術は凄いものです。

撮影されたものは、ヨコエビの仲間とコミノアシロ(黄泉阿代)です。
黄泉の国なんですね。

一つ、面白い例があります。
絹ごし豆腐をそおっと沈めると、
水深8000メートルまで、形を変えずにそのまま沈むそうです。

絹ごし豆腐は、89.4パーセントが水です。
水を含んだスポンジです。

潰れるイメージはないですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日本の核武装とは 憲法とは [技術]

日本は、既に、を持っているのではないでしょうか。
日本国憲法は、GHQが大急ぎで作成した憲法です。
作成した人たちは、まさか、これほどまでに固執されるとは思っていなかったと思います。
時代が進めば、日本も変わった行き、それに合わせて、
憲法を修正して行くと思っていたのではないでしょうか。

戦争の放棄を宣言しておきながら、軍隊を保有している日本。
侵略戦争の放棄だったのでしょうか。

わたしが通った中学の社会科の先生は、特攻帰りでした。
まともに飛ぶ飛行機が少なくて、やっと飛んでも、
油が漏れたりして、引き返したそうです。

父は特攻に行く前に終戦を迎えました。
予科練で訓練中でした。

わたしが中学生の頃までは、戦争が身近に感じました。
プラモデルは、戦車や戦闘機でした。
モデルガンのブームもありました。
アメリカはベトナムで戦争をしていました。
家の近所で、アメリカ軍の野戦病院がありました。

もし、今度、戦争が起きたら、核戦争になるから、
日本どころか、世界の大部分が滅ぶと言われていました。

核武装は、日本は本当にしていないのでしょうか。

オウム真理教事件の時、毒ガスを日本の自衛隊が保持しており、また、
研究も続けていたことが判明しました。

かつて、旧日本軍に、毒ガス部隊が存在しました。
その研究のほとんどをアメリカが持ち帰りました。
資料をこっそり残していたのでしょうね。

核の技術を持っている日本が、核兵器を作成することは、
そう難しくないでしょう。
すでに、シミュレーションはしていると思います。

ロケット技術は、相当高いです。
大陸間弾道ミサイル、作れますよね。

わたしたちが目にしない所で、
いろんなことが行われています。

いつか・・・
夕日に向かって・・・
口笛を吹くような・・・
静かな・・・
没落を・・・
味わうのでしょうか。

タグ:憲法
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日本版MOOC JMOOCが発足 大学の授業をインターネットで配信 [技術]

日本版MOOC JMOOCが発足 大学の授業をインターネットで配信

海外では、MOOC(大規模公開オンライン講座)に注目が集まっています。
大学の授業をインターネットで配信し、受講者は無料で受講出来るのです。

大学の授業料はとても高価です。
スタンフォード大学の1年間の学費は、約500万円です。
ハーバード大学は、約450万円。

わたしの年収よりも高いです。

金持しか高度な教育を受けられないというのは、教育の機会均等に反します。

日本にも、日本版MOOCが誕生しました。
JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)の発足です。

来春から、東大、京大、早大、慶大など、13校が予定されています。
講座は、歴史学、統計学、サブカルチャー論、外国人の為の日本語講座など
13科目です。

MOOCでは200科目以上の講座があるそうですから、
JMOOCも、これから充実して行くことでしょう。

高齢化社会になって、生涯学習の必要性が高まっています。
年金制度も心許ないです。

この世を去る、その日まで、働いていないと生活できないなあと、
いつも思っています。

日本は、技術立国をめざし続けなければ、生きて行けない国に
なりつつあります。そう感じます。

基礎的なことは、インターネットで検索して、
学習することが出来るようになりました。

JMOOCによって、より高度な知識、技術を
構成的に学習出来るようになるのではないでしょうか。

中高年層の人たちが、第一線で働いている社会。
それが、これからの日本の姿になると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ワクワクすること 自己実現 TODOリスト ひとり会議 [技術]

ワクワクすること

質問です。
1.重要だけど先伸ばししていることはなんですか?
2.そのことをやることによって、なにが手に入りますか?

答えてみる。
1.「自作OS」の本を読むこと。
2.OSの仕組みが理解出来る。
  業務用プログラムとは違ったプログラムを実感として体験出来る。
  身につけたプログラミングセンスと違ったプログラミングを見ることが出来る。
  プログラマーとして、まだまだやってゆける自信が付く。
  仕事が楽しくなる。
  お金が稼げる。

ん?
ちょっと「自作OS」の本を読んでみようかな、と思った。

この質問には秘密がある。
答えを書いていると、未来の事を書いていることに気付く。
つまり、未来の記憶を作っている。

この、「未来の記憶」がとても大切。
「未来の記憶」をたくさん作ることによって、
「ワクワク」する気持ちがいっぱい出来てくる。

「ワクワク」するから実際にやってみる。
楽しい。充実感がある。
もっとやってみる。



いままで、夢のように想像していた未来の自分が、
ここにあることに気付く。

こんな風になるらしい。

これは、「ひとり会議」の教科書のDVDを見て知ったこと。
本にもなっているようだ。

極上の質問を自分に投げかけ、答えて行く。
それだけで、問題は解決して行く。

「ワクワク」する気持ちは、時間の経過とともに消えて行く。
1時間前には、あの本読んでみよう、と思ったのに、
食事したら、テレビでも見るかってな気持ちになってしまっている。

それを防ぐ為には、「ワクワク」する気持ちの元になる、
未来記憶をいっぱい作っておくこと。

質より量。

1.重要だけど先伸ばししていることはなんですか?
2.そのことをやることによって、なにが手に入りますか?

いっぱい答えを書き出して行くこと。
その先に、輝かしい未来が出現する、と思う。

さっそく、今からやってゆこう。

1.食糧がない。買い出しにゆかなくては。
2.満腹感が手に入る。
  外に出かけるから、気分転換にもなる。
  可愛い店員に会えるかもしれない。
  美味しいお菓子を見つけられるかもしれない。
  奥さんのがみがみ声から逃げることが出来る。
  歩くから健康に良い。
  長生き出来る。
  
こんな簡単な質問でも、ワクワクして来た。
タグ:ひとり会議

福島第一原発の放射線測定無人機 JAXA 無人飛行機 [技術]

福島第一原発の放射線測定無人機

「はやぶさ」を飛ばしたJAXAが開発した無人飛行機で、福島第一原発周辺の
放射線測定を行うようだ。

沢山のトラブルを乗り越えて、地球に帰還した「はやぶさ」の技術力、発想力は
すごい。一つのトラブルでダメになることなく、さまざまな指令を送れるようにして
「はやぶさ」にいろいろな仕事をさせて無事帰還した。

映画の中で、コマンドを作って送信するシーンがあった。
コマンドを組み合わせたプログラム的なものだったように思う。

福島原発の終息には長い年月がかかります。
経費のみで、生産は何もないのだから、マイナスです。
その中で、独自の技術が開発される可能性はいっぱいあります。

大きな原発事故は、1986年に、ソ連のウクライナで発生した「チェルノブイリ原子力発電所事故」と
日本の福島原発だけです。

JAXAは、資金が貧しく、厳しい環境で良いものを作っている。
日本の伝統的な感じがする。

追伸

「今でしょ」の東進ハイスクールの現代文担当の林修さんが、テレビで言っていました。
10年間図書館に通って、入試で出そうな文献を全てチェックしたと。
だから、入試に出てくる問題は全て知っているものだと。

ロケット博士の糸川英夫さんも似たようなことを言っていました。
戦前、「隼」という戦闘機を設計しました。
海軍のゼロ戦とならんで、活躍した戦闘機です。
糸川英夫さんは、当時の世界中の飛行機を研究しつくしたと言っていました。
だから良いものが作れたと。

独自技術とは、ポッと生まれるものではなく、地道な努力の先に生まれるものなのでしょう。

わたしの本業は、コンピュータのソフト開発です。
ただ、狭い範囲のことしかやって来ませんでした。

世の中で起きた出来事を考察して、次のステップへつなげるきっかけを作りたいと思っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。