So-net無料ブログ作成
検索選択

「ザ・プレミアム・モルツ〈コクのブレンド〉」が販売中止に 何が起きたのか [料理]

期間限定として発売していた「ザ・プレミアム・モルツ〈コクのブレンド〉」が 出荷休止となりました。生産が追い付かなくなったようです。

「ザ・プレミアム・モルツ〈コクのブレンド〉」は、
「ザ・プレミアム・モルツ」と「ザ・プレミアム・モルツ<黒>」を
ブレンドしたものです。微妙なバランスがコクを生みます。

もともとあったものを組み合わせただけなんですね。面白いですね。

数年前に、白ビールと黒ビールが同時に発売され
白ですか、黒ですか、それともブレンドですか、みたいな中吊り広告がありました。
地ビールの銀河高原ビールでした。
少し小振りな缶ビールでした。

サッポロビールも似たようなコマーシャルやっていますね。

ビール同士はカクテルとは言わないのでしょうか。
わたしは、夏場は、ビールとトマトジュースを混ぜて「レッドアイ」
にしてよく飲みます。
ビールよりも発泡酒の方がさっぱりして美味しいです。

ここんとこ、だいぶ涼しくなりました。
暖かい部屋で、おでんをつまみにビールが美味しいです。

少し、ビールのカクテルをご紹介します。

●レッドアイ
 ビール+トマトジュース
●シャンディガフ
 ビール+ジンシャーエール
 甘口です。
●パナシェ
 ビール+ソーダ+レモン
 夏向きです。
●カンパリビアー
 ビール+カンパリ
 少し苦いかも
チャイナ・グリーン・ビア
 ビール+ライチリキュール+メロンリキュール
●メロン・ビアー
 ビール+メロンリキュール
●コークビア
 ビール+コーラ
 ちょっと甘いかな。レモン果汁を加えると良いかも。
●カシスビア
 ビール+カシス+グレープフルーツ
ブラック・アンド・ホワイト
 黒ビール+ミルク+シュガーシロップ
●エッグ・ビール
 ビール+卵黄+ガムシロップ

けっこうありますね。
その時の気分で、いろいろためしてみるのも楽しそうですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

キリンラーメン 昭和の味 レトロな袋 小笠原製粉  [料理]

金曜日。
仕事帰りに、サンクスに寄った。
その場は、見過ごしたが、
後で、妙に気になった「キリンラーメン」。

妻に電話すると、ラーメンが食べたいと言う。
「大きなカップの。わかるでしょ」と。
その時、目についたのが、「キリンラーメン」
袋入りで、確か150円。
ちょっと高め。
袋を掴んで持ち上げると、サッポロ一番とかのラーメンに比べて、
少し大きいような気がした。
もしかして、とても美味しい
でも、カップの、と言われ、
お金もあまりもっていなかったから、
カップのラーメンを一つ買った。

妻は、半分も食べなくて、残りを私が食べた。
太めんで美味しかった。
でも、あの「キリンラーメン」が気になった。

あとで、ネットで調べると、昔ながらのラーメンだという。
材料も国産のものを使っている。

ネーミングが良い。
「キリンラーメン」。
「きりんらーめん」だったかな。

キリンの首のように、長く親しまれたいという思いらしい。

キリンラーメンは、小笠原製粉(愛知県碧南市)が作っている。
ん?

「アザラシ」ラーメン。
「イルカ」ラーメン。
「べっぴん」ラーメン。
 ・
 ・
 ・

名前だけ。それとも、味が違う?

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130812-OYT1T00551.htm

kirin.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マンビカー シイラ 姿揚げ 学校給食 テラピア バゴオン [料理]

シイラ 学校給食 姿揚げ

体長2mの魚マンビカー(シイラ)を姿揚げにして、子供達の給食に!

北中城村(きたなかぐすくそん)は、沖縄県中頭郡(なかがみぐん)の村。
村内の小中学校向けに、マンビカー(シイラ)の姿揚げを調理している。

沖縄県の地名は、漢字だけでは読めない。
城(ぐすく)。意味は城(しろ)らしい。
ただし、軍事拠点の城というよりは、集落を意味するようだ。

マンビカー(シイラ)とは、
体長2m、体重40kgにも達する魚だ。

淡泊な味で、玉葱、ニンジン、ニンニクで味付けして、臭みをなくし、食べやすくする。

子供達には人気のメニュー。

切り身の魚しか知らない子供が多く、大きな魚一匹まるごとみせて、
料理の醍醐味を知ったもらいたいとのこと。

スーパーで見る魚は、切り身になっているか、
一匹で売っている魚は、さんま、あじくらいだ。

魚の目が恐いとか、料理の仕方、食べ方がわからないとか、臭いが嫌だとかで敬遠する人が多いと思い。
わたしもその一人だった。

一度、さんまを焼いて、醤油をつけて食べたら、とても美味しかった。
しゃけは切り身だったが、焼きたてはとても美味しい

実は、わたしの妻はフィリピン人で、先日、上野のアメ横センタービルの地下の
食料品売り場に行って来た。
そこは、フィリピンを始め、外国の食材の店が並んでいる。
テラピアという体長30cmくらいの魚を買った。
一見、ピラニアみたいな武骨な人相だが、白身で、淡泊な味で美味しい。
まるごと揚げて食べる

箸では食べ難いので、手で白身をとって食べる。

フィリピンでは、スプーンフォークで食事をするが、
手で食事をすることも多い。
確かに、食べ安い。

フィリピンの料理には、バゴオンが欠かせない。
小エビの塩辛で、ちょっと臭い。最初は慣れない。
日本の納豆のように、あたたかいご飯にのっけて食べてもよいが、
たいていは、炒め物にまぜるとか、炒飯に入れるとかして食べている。
調味料的な使いかたが多いようだ。

バロットは、孵化前の卵。
信じられないことに、子供のおやつだ。

う〜ん。
フィリピン料理のことを後で書いてみよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。