So-net無料ブログ作成

前田敦子 映画 さよなら歌舞伎町 [映画]

新宿歌舞伎町のある一日の物語。
前田敦子はミュージシャン志望。
音楽プロデューサーとラブホに入って...



まだ、AKBを知らなかった頃、ある映画を見ました。
「あしたの私のつくり方」

人気のあった女の子が、ある日からいじめの対象になって...
そして、家の都合で転校して行きました。
唯一、その子と話しをしていた子が、
メールでアドバイスを送ります。
うまくクラスに馴染めるように。
そのいじめられっ子が、前田敦子さんでした。

その次に前田敦子さん主演の映画は「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら」
でした。
経済書と女子高生の組み合わせが面白かったです。
------------------------------------------------------------------
スポンサーリング

------------------------------------------------------------------
ユロユリ団地は怖かったです。
こどもの頃、団地に10年ほど住んだことがありました。
妙なうわさは、いっぱいありました。
悪いうわさが立つと、たいてい引っ越して行きました。

最近見た「もらとりあむタマ子」は、これは、前田敦子さんの地ではないかと、
思ったりしました。しっくりしていました。

女優としても前田敦子さんを、ずって見ていたいです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

KANO 海の向こうの甲子園 日本統治時代と、今を考えます。 [映画]

台湾の人は、なんて日本が好きなのでしょうか。
とても信頼して、とても尊敬してくれています。

東日本大震災が起きたとき、台湾の救援隊は、どこの国、地域よりは、いち早く駆けつけてくれました。
義援金も、最多の200億円を越えました。

かつて、日本は台湾を統治していました。
しかし、西欧式の植民地政策ではなく、灌漑設備など、
基盤となる事業を進めました。

建物なども、日本本国よりも素晴らしいものを建築しました。
農産物も、改良を重ね、寒冷地でも米が取れるようになりました。

日本本国と同様に、豊な国づくりをしました。
そこには、西欧列強と対抗する為に必要だったのでしょう。
互いに助け合わないと、いつしか、西欧列強に食いつぶされてしまうという
危機感があったのではないでしょうか。

とても印象的だったのは、
WBCの試合で、東京ドームで日本と台湾が闘いました。
日本は逆転で勝利しました。
台湾の選手達は、マウンドに円陣を組み、
360度の方角に挨拶をしました。

負けたチームが挨拶をするということは、
野球の観客に対してではなく、
もっと深い気持ちがあったと思います。



------------------------------------------------------------------
スポンサーリング

------------------------------------------------------------------

日本統治時代、台湾の学校が、日本の甲子園に出場して、決勝まで進みました。
わたしは、最近、知りました。
日本人、漢民族、先住民族の高砂族の混成部隊でした。

守備が上手い日本人。
打撃が強い漢民族。
足が早い高砂族。

それぞれ、得意なことで闘いました。



なんか、ワクワクして来ます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

長澤まさみさんが、大胆濡れ場シーンを。中国版タイタニック号の香港映画「太平輪」で [映画]

長澤まさみさんの映画で、最初に思い浮かぶのは、「ロボコン」
高専生が、ロボットコンテストへかける青春物語。
小栗旬さんが、部長役でした。

長沢まさみさんの、少し能天気な役所が、おおらかで好きです。

今回の映画「太平輪」では、胸をあらわにするとか。
映画では、よく濡れ場シーンが話題になります。
元アイドルや、清純派の女優さんとか。
濡れ場は、映画での一つのサービスなのだと思います。
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------------------

韓国船の沈没事故があり、
映画の上映が危ぶまれています。

映画「太平林は、1949年1月27日に発生した、海難事故が題材になっています。
中国のタイタニック号沈没事故とも呼ばれています。
1000人のひとが死亡したそうです。

当時は、国共内戦で、中国大陸から脱出する人々が多数いました。
上海から台湾北部の基隆へ向けての航海でした。
夜間外出禁止令を避けるために、航海灯を消して夜間航行していました。

基隆市を出発した、石炭や木材を積んだ船と衝突しました。
救助された人は50人前後でした。1000人以上の犠牲者を出した海難事故でした。

長澤まさみさんの相手役は、金城武さんです。
映画では、たぶん、どちらかが生き残ったのでしょう。
BBC600_P_02_04.jpg
スペクタクルと夢と悲恋と
そんな映画でしょうか。

ぜひ上映してほしいです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

真木よう子さん映画で注目されます2014年も [映画]

真木ようこさんが、日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞
最優秀助演女優賞をとった。

受賞作は、最優秀主演女優賞が「さよなら渓谷」
最優秀助演女優賞が「そして父になる」

「さよなら渓谷」
ごく普通に見える夫婦。
だがふたりは残酷な事件の加害者と被害者だった。

「そして父になる」
息子を取り違えた二つの家族の話し。

真木ようこさんは、仲代達矢主催の無名塾に入り、
将来を嘱望されていたが、些細なことから喧嘩となり、
無名塾を飛び出してしまった。
ずっと後になって、和解出来たようだ。
真木ようこさんは、「無名塾」で芝居の面白さ、
芝居をする上での基礎を身につけたと言っている。

わたしが、初めて、真木ようこさんを見たのは、
映画「サマータイムマシン・ブルース」であった。
この映画は、劇団ヨーロッパ企画が舞台でやっていたものを
映画化したものだ。
真木ようこさんは、大学のカメラクラブの部員、伊藤唯役だった。
メガネをかけた美少女。
エアコンのリモコンを壊してしまったことから、話しは始まる。
その土地の河童伝説は、リモコンを取りにいった部員であった???

大学には広々とした芝生があって、そこで下手な野球をやっている。
それを、伊藤唯が一眼レフカメラで撮っている。
ロケ地を調べてみると、香川県善通寺市にある、四国学院大学でした。
長澤まさみ主演の「曲がれ!スプーン」もこの周辺でロケをしたそうです。

街中で時々真木ようこさんを見かけます。
大きなポスターで。
ルイヴィトンの街頭広告でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ARARU チョコザイ そして マドカ [映画]

ARARU チョコザイ そして マドカ

チョコザイは、サヴァン症候群に起因する特殊な能力を持っている。
迷宮入りしかけた難事件を解決してゆく。

サヴァン症候群とは、
イギリスの医師ジョン・ランドン・ダウンが、
膨大な量の書籍を一回読んだだけですべて記憶し、
さらにそれをすべて逆から読み上げるという、
常道を逸した記憶力を持った男性を報告した。
彼を、イディオ・サヴァン=賢い白痴と名付けた。
後に「サヴァン症候群」と改められた。

チョコザイと同じ能力を持ち、過去に係わりのある女性、マドカがいる。
歯に銀の飾りを付け、不思議な印象の女性。
「堀北真希」が演じる。

サヴァン症候群と聞いて思い出すのは、
映画「レインマン」。
トム・クルーズとダスティンホフマンが兄弟役で、
カードで稼ぎまわる。

サヴァン症候群とはちょっと違うかもしれないが、
テレビのアナウンサーだったか、キャスターだったか、
学生の時に交通事故にあった。

その後になって、本を読むと、ほとんど覚えていたという。
だから、勉強がぐっと楽になった。

一流の大学に入り、難しい資格もとっていた。
株を始めていて、かなり儲かっているようだった。

頭の打ち所が良かったのだろうか。

チョコザイくんをみていると、
もともと、人間に備わっている能力なのではないか。
普通の人は、その能力を抑えられている。
誰に?
神に。

劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL 予告編


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

風立ちぬ スタジオジブリ 堀越二郎 ゼロ戦 設計主任  [映画]


スタジオジブリの新作「風立ちぬ」では、ゼロ戦を設計した堀越二郎を
主人公にしている。

ゼロ戦のことを知っている人は、だいぶ少なくなっていると思う。
わたしが子供の頃は、まだ、戦争映画が沢山あって、
日本軍の真珠湾攻撃を題材にした映画が上映されていた。

「ニイタカヤマノボレ一二〇八(ひとふたまるはち)」の暗号電文は有名で、
日本時間12月8日午前零時を期して戦闘行動を開始せよ」の意の符丁であった。

「トラトラトラ」は、真珠湾攻撃で打電された「ワレ奇襲ニ成功セリ」の暗号電信。

日本は、宣戦布告後すぐに攻撃を開始した。はずであった。が、
事務的な処理が遅れ、真珠湾攻撃を開始した時は、まだ、宣戦布告がされていなかった。

奇襲攻撃と、航空機を使用した戦闘は、日本が初めてであり、多大な成果をあげた。
航空機による戦闘が、いかに相手に打撃をあたえるか、世界に証明した。

にもかかわらず、日本は、大和のような戦艦を作り続けた。
空母の重要性を認識した人が上層部には少なかったのだろう。
ロシアとの戦艦同士の戦闘での勝利が、そのような風潮を作ったのかもしれない。

後年になって、製造中の戦艦を、空母に作り替えることもあった。

真珠湾攻撃で大活躍したのは、ゼロ戦であった。
戦争末期、特攻機として使用された、悲劇の戦闘機でもあった。

航続距離が長く、機体の軽さを活かした格闘戦に優れていた。
その戦闘機を設計したのが、堀越二郎氏であった。
まだ30代の若さであった。

「風立ちぬ」の映画の主題歌は、松任谷由実がまだ、荒井由実時代に歌った「ひこうき雲」
静かな、切ない歌。

ゼロ戦のPVがありました。



飛行姿が、とても軽やかで、空でダンスをしているような印象を受けました。


タグ:特攻
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

忽那汐里 大学どこ 上智大学 カメラ シドニー ペタルダンス [映画]

忽那汐里(つくな しおり)

趣味は、写真とギター。

写真は、10台のカメラを所有する程好きで、将来の職業とも考えたそうです。

「勉強と仕事を両立させます」と、大学に進学。
カメラの勉強をする為とも言われていましたが、進学した大学は、
どうやら上智大学らしいです。

オーストラリアのシドニー生まれで、英語に堪能なようで、
推薦で入学したのでしょう。

上智大学は、わりと推薦入学を進めている大学で、
並の都立高校にいたわたしにも、上智大学の推薦の話しが来ました。
英語が得意でなかったので、推薦はされませんでしたが。

わたしが、初めて忽那汐里さんを目にしたのは、ポッキーのコマーシャルでした。
とても気持ち良くダンスする姿がすがすがしかったです。



次に目にしたのは、ドラマ「家政婦のミタ」です。
この時点で、アイドルというより、完全に「女優」さんになっていましたね。

大学は中退したようです。
大学で学ぶより、仕事を通して、学くことの方に魅力を感じたのでしょうね。

まわりには、一流のカメラマンもいるし、ドラマとか映画とか、
学ぶことがいっぱいありそうです。

最近では、4月に、映画「ペタル ダンス」が公開されています。
宮崎あおいさん、安藤サクラさん、吹石一恵さんなど、魅力的な女優さんに囲まれて、
面白そうな映画です。
台本らしいものがなく、ほとんど監督の指導のもと、アドリブで行われた映画です。
だから、彼女等の、個性や性格や、作り物ではない魅力的なセリフが飛び交っています。

ストーリーは、忽那汐里さんが運転する自動車で青森まで行く、ロードムービーです。

初日舞台挨拶がありました。



毎日を、忙しく過ごしていると、いろんなものに鈍感になって行くような気がします。
たまには、映画館で映画を見たいですね。

忽那汐里さん、はじめ、魅力的な人に出会います。



倉科カナ 遠くでずっとそばにいる 記憶障害 17才から10年間 [映画]

記憶障害。10年間の記憶がすっぽり抜け落ちた。
もし、あなたに同じ運命が迷いこんだら、どうしますか。
10年間、やり直しますか?

映画「遠くでずっとそばにいる」は、舞台が秋田県です。

秋田県というと、田舎のイメージがありますが、
今回の映画では、秋田県の都会的な部分を抜き出そうとしたようです。

倉科カナさんが演じる、主人公の朔美(さくみ)は、記憶障害。
17才から10年間の記憶が消えている。

二度の交通事故がその原因のようです。

愛する人を無くしたのか、自分だけ生き残ったのか。謎です。

愛する人を亡くすとは、その人をずっと好きでいられるということ。
会えないけど、幸せかもしれません。

■映画「遠くでずっとそばにいる」倉科カナさんのコメント付きダイジェストです。



最近、よく思います。
本当に映画って、すばらしいですね。

大きな映画館で、みんなで見たいです。
一人で入っても、みんながいるから、寂しくないです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

倉科カナ みなさん、さようなら 濱田岳 団地の中の生活 [映画]

倉科カナ みなさん、さようなら 濱田岳 団地の中の生活

DVDを見てみると、ずいぶん違った印象を受けた。
おとぎ話的なものではなく、社会的な背景があった。

■ストーリー
「ぼくは一生、団地の中だけで生きていく!」
12歳の春、一大決心をした悟。団地には肉屋、魚屋、理髪店、衣料品店など何でもそろっている。
外出は団地の敷地内だけで充分。初恋も、親友も、就職も、結婚も、何だって団地の中だけで出来る。
優しい母親と友人たちに見守られ、悟はそうやって団地の中で日々を過ごし成長していく。
だが時が経つにつれ、団地で暮らす友人たちは、ひとり、またひとりと悟の前から去っていき、
あんなに賑やかだった団地も少しずつ寂れていってしまう。それでも悟は団地の外に出ようとはしなかった。
そしてある日、そんな悟の日常と一大決心を揺るがす、とても大きな出来事が起きるのだった…。

悟役に濱田岳。
もともと身体は小さいが、12才から30才までの役をこなした。
めばりを入れて、子供っぽく見せたという。
倉科カナさんは、ヒロイン役。

■DVDを見終って
TSUTAYAでDVDを借りて見た。

団地の中で生きて行くとは、団地の外へ行かない、行けないということ。
ある事件が心に傷を残し、外の世界に行けなくなった。
団地の中で生きて行けることを信じ、母も賛成してくれた。

同窓会で再会した、同級生の緒方早紀(倉科カナ)も分かってくれた。
そして婚約する。友人に婚約指輪を買って来てもらい、とても嬉しそうにはめてみる。

団地を守るんだ、団地に住む友人を守るんだと強い決意を持ち、
空手家、大山倍達(おおやま ますたつ)の本やビデオを見て、身体を鍛える。

でも、やはり、早紀は気が変わった。
普通の生活がしたいと、去って行った。
悟の心の傷をどこまで分かってやっていたのか。
頭では理解したつもりだったのだろうけど、
心の底からは理解出来ていなかったのだろう。

なんで婚約したのか。
ちょっと残酷なストーリー。

そんな時、ブラジル出身の少女に出会った。
義理の父?に暴力を受け、小学校にも行っていない。
いつもサッカーボールを蹴っている。

悟は、その少女を守ろうと決意する。

本やビデオだけの訓練だったが、少女を守ろうとする気持ちとが合わさって、
悪い奴等を撃退する。
大山倍達の教えが見事に生かされた一瞬。

母は近くの病院で看護師をしていた。
ある日、母の危篤の電話を受け、まっしぐらに母のいる病院に向かう。
当然、団地の外にでる。
団地の外に出る石段を、まっしぐらに降りて行く。

母は、自分の死で、息子の悟に、外に出る力を与えた。

悟のそばに、早紀がいつも居てくれていたらなあ、と残念に思った。

婚約中、二人でいちゃいちゃするシーンがあった。
早紀が悟のジーンズのジッパーを下ろし、手を入れて行く。
ペッテングと言うのか。

性交よりも、エロチックに感じた。

表面からは見えないものが、世の中にはいっぱいある。
そこから、ドラマが生まれる。

これからも、いっぱい映画を見て、小説を読んで行こうと、
改めて思いました。

■みなさん、さようならの予告編です。





タグ:団地 心の傷
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

GROW -愚郎-  倉科カナ出演作品 [映画]

GROW -愚郎-

倉科カナ出演作品

■ストーリー
学校でいじめられ、
家でも酒乱の父の暴力をうけ、
人生に絶望感を抱いた高校生の敦(桐谷健太)。
人生に終止符を打つため、
遺書を書き、
廃墟で首を吊ろうとした瞬間、
長ラン(注1)を着込んだ奇妙なオッサンの3人組が姿を現した。
彼らの放つオーラとキレのあるかけ合いに圧倒された敦。
それは伝説の不良、泰三(寺島進)、鉄治(菅田俊)、淳一(木下ほうか)だった。
自殺を思い留まった敦は、
その日から放課後は廃墟の男塾に通うようになり、本物の男になるべく一歩を踏み出す。

■キャスト

村上敦 - 桐谷健太
主人公、冴えない高校生。

山田泰三 - 寺島進
不良中年の一人、リーダー格で角度のついたメガネと扇子が特徴。

佐藤鉄治 - 菅田俊
不良中年の一人、大柄で野太い声が特徴。

横山淳一 - 木下ほうか
不良中年の一人、いつもサンドバッグを殴ってる格闘技マニア。

晴香 - 中村映里子
敦の憧れの生徒。

滑川 - 三上真史
敦の同級生。

五十嵐康陽

中江翼

村上雅美 - 倉科カナ
敦の妹。

マキ - 田辺みさき
敦の同級生。

マー君 - 遠藤憲一
雅美を愛人にしている男。

マッハババァ - 深浦加奈子
奇抜な格好で自転車に乗っているオバさん。

ミカエル - 板尾創路
天の声。

石橋 - 渡辺裕之
陸上部顧問。


マー君は、雅美(倉科カナ)を愛人にしている。
なんて奴だ。

とても面白そうだ。


注1)
長ラン(ちょうらん)とは、学ランと呼ばれるボタン式の制服のうち、
丈が膝の下から脛の辺りまである特殊形状のものをいい、
短ラン・中ランとともに変形学生服の一種である。

1970 - 80年代、国士舘大学や高校の応援団が着用していた事から始まり、
当時の不良中高生の象徴的な変形学生服として広まった。

応援団においては、激しい動きの中でも裾が乱れないという機能的な理由も大きい。

映画「フレフレ少女」で、新垣結衣が、無事合宿を終えると、団長としての学ランを渡される。
あれが長ランだ。

ある俳優について、出演作品を追ってゆくと、新しい発見がある。
今は、「倉科カナ」と「濱田岳」。
二人ダブっているところもある。
週末のTSUTAYAが楽しみだ。

TSUTAYAは、店によって、新作、準新作、旧作の扱いが違うらしい。
基本的な方針はあるのだろうが、なんでかなと思ったら、
TSUTAYAはフランチャイズとのこと。

フランチャイズとは、事業展開の一つの方式。
フランチャイズ事業者本部が事業を展開するために加盟店と契約して、
一定の地域での独占販売権を与えて、事業を拡大してゆく方式。

事業者と加盟店は、双方に権利と義務が発生する。
事業者は加盟店をサポートする義務があり、
加盟店は事業者から受けるサポートの見返りとして、加盟金やロイヤルティを支払う義務がある。

事業者本部と加盟店は、同一のイメージのもとに事業を展開するが、あくまでも別の事業者。
加盟店は直営店とは違い、本部からのトップダウンはありません。

セブンイレブンはフランチャイズ、サンクスは直営店。
働いている人が身内と、アルバイトの違いがある。

だから、TSUTAYAは借りた店に返さなくてはいけない。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。