So-net無料ブログ作成
ドキュメント ブログトップ
前の10件 | -

Yahoo! JAPANカード [ドキュメント]

Yahoo! JAPANカード

年会費は無料 家族会員も無料

今、申し込むと、3000ポイントゲット

Tカード一体型

JCB, Visa, MasterCard
の中から選べます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

イモトアヤコさんのすっぴん画像 化粧をすると・・・ [ドキュメント]

イモトアヤコさんと言えば、太い眉毛が印象的です。
何で描いているのでしょうか。
まさかマジックインキとか。

最近、テレビの番組で、普通に化粧して出演しています。
正直、キレイと思いました。

imoto1.jpg

imoto2.jpg
地が普通なら、化粧で結構美人になります。

そして、改めて、番組で登った山々を確認してみると・・・
驚きでした。
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------------------
イモトアヤコさんは、登山家と言っても良いと思います。
テレビの企画とはいえ、下記の山々を登っています。

・モンブラン 標高4,810m(アルプス山脈最高峰)
・キリマンジャロ 標高5,895m(アフリカ大陸最高峰)
・アコンカグア6,890m地点(アンデス山脈最高峰)
 頂上まで200mの地点で断念
・マッターホルン 標高4,478m(アルプス山脈)
・マナルス 標高8,163m 世界8位(ヒマラヤ山脈)

マッターホルンの下山に、ヘリコプターを使ったのにはびっくりしました。
このへんは、やはりテレビ番組なので、意外性を持たせたのでしょう。

今回、エベレストに挑戦しましたが、
雪崩による死亡事故が発生し、
断念しました。

ネパール人ガイド13人が死亡しました。
今回の雪崩での事故は、エベレスト登山史上最悪の事故でした。
------------------------------------------------------------------
スポンサーリング

------------------------------------------------------------------

世界各地の最高峰を目指すのは、番組として、話題性に富んでいます。
ふと、こんなことを思いました。
日本では、遭難のニュースが時々流れます。
高齢者の登山家の場合が多いように思います。
準備不足だったり、体力を過信したり。

イモトアヤコさんに、日本の山々を登って、登山の楽しさ、そして、
安全に登山するためのガイダンスなんかしてもらいたいなあと思いました。

地味な番組になってしまうかもしれませんが、
「モヤモヤさまーず2」のような、地味さが受けたりするかもしれません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

消費税8% いつから 内訳 その後は [ドキュメント]

消費税8% いつから 内訳 その後は

10月1日、安部首相は、来年4月に消費税を原稿の5%から8%に引き上げることを
正式に表明した。

現行の消費税は5%。
その内訳は、
地方が    1   %
地方交付金が 1.18%
国が     2.82%

国と地方が半々くらい。

今度の消費税 8%の内訳は、
地方     1.7 %
地方交付金  1.4 %
国      4.9 %

国の取り分がぐっと増えました。

地方税と国税はなんとなくわかる気がするけど、
地方交付金てなに?と思います。
地方税に含めればいいのではないかな、と素人の私は思います。

調べてみると、そこには、人間の性、不平等の下地が見えてきました。

税制度は、国会で制定された法律です。
この税制度が十分機能すれば、たぶん、国税と地方税でよいのでしょう。
しかし、47都道府県2200以上の市町村に
公平な税制度は難しいようです。
気候も違うし、地場産業も違います。
儲けている会社があるところ、ないところ。
人が多いところ、少ないところ。

地方に不公平が発生するので、その調整をする為に、
国は地方交付金で地方を補助するわけです。

この辺の考え方は、良いと思います。
日本版社会主義ではないでしょうか。

では、世界に目を向けてみます。

●消費税が無い国
サウジアラビアなど資源国

●消費税が高い国
ハンガリー  27%
スウェーデン 25%
デンマーク  25%

消費税が無い国は莫大な化石燃料産出国です。
消費税が高い国は社会保障に力を入れている国です。

日本はどこに向かうのでしょうか。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中秋の名月 満月  [ドキュメント]

2013年9月19日は、中秋の名月

Googleを開いたら、月見の絵が。

今日も、いつものように、コンビニで発砲酒を買い、
上野駅の大陸橋の端に座り、
iPhoneをいじりながら飲んだ。

暗い空を見上げると、
まんまるい月があった。
満月だな。

月見をしながら、発砲酒を飲み、
iPhoneで、世の中の出来事を眺めた。

中秋の名月は、毎年20日前後ずれるらしい。
去年は9月30日。
その前は9月12日だった。

中秋とは・・・

旧暦(太陰暦)では、7、8、9月を秋としていた。
真ん中の8月15日を中秋と言うらしい。

だんごとすすきを供えることは、
子供の頃やっていたと思う。

東京の片隅、外灯もあまりなく、
夜は暗かった。

月がとても明るかった。

月の事をラテン語で「ルナ」呼ぶ。
これを語源とする英語の「ルナ」または「ルナシイ」は
狂気の意味を持つ。

狼少年も月を見て変身した。

この静かな夜。
どこかでは、大変な事件が起きているかもしれない。

狂気と言えば、最近、変なことが起きている。
先週、夜中に水道が止まった。
マンションなので、誰か騒いでいるかなと思ったが、
誰も騒いでいない。
他の部屋は水道が出ているのだろうか。

たまたまエレベーターで11階の人に会ったので
聞いてみたら、やはり出ないと言う。
誰かが業者に連絡をしたようだと言うが、
その後、朝になっても水はでなかった。

今日も、夜10時頃水道が止まった。
機械が老朽化したかな。

朝の電車の中で、ぶつぶつ本を読んでいるおじさんがいる。
気になる。

音を出していないのに、イヤホンをしていると、
迷惑そうな顔を向けて来るおじさんがいる。

ショートパンツの若い女の子が二人、
目の前に立った。目のやりばに困る。

夜9時頃、ちっちゃい女の子が懐中電灯をぶらさげて
道を歩いていた。
散歩?
一人で?

幽霊じゃないよね。

今日も無事に終わるよね。

若さとは、とてもまぶしいものだ。









タグ:狂気
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AKB48を卒業した前田敦子さん 今の心境 これからのこと [ドキュメント]

AKB48を卒業した前田敦子さん 今の心境 これからのこと

山口百恵さんは、人気絶頂期の21才で芸能界を去った。
家庭を持つことに幸福を描いた。

前田敦子さんは、人気絶頂期に、AKB48を卒業した。
すでに、映画に出ていて、女優の道を選んだ。

アイドルの中から、輝きを放つ人がときどき出現する。
人の倍は努力している。

普通に生活していたら、普通のままの生活が続く。
寝る時間を削って・・・
テレビを見なくして・・・
そうやって時間を作って、
もう一人の自分を作る。

前田敦子さんのインタビューなどを聞いていると、
真摯な姿勢が感じられる。



30代で輝いている人になりたい。

わたしも、そんな風に思ったことがあった。
一瞬だけ輝けたと思うこともあった。

50才になった前田敦子さんを見てみたいと思う。
喜劇の前田敦子さんも見てみたい。
悪女の前田敦子さん・・・
天真爛漫な前田敦子さん・・・

ちいさな劇場で、軽演劇も見てみたい。

楽しみが尽きません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

八幡製鉄所 軍艦島 が 世界遺産に推薦 [ドキュメント]

八幡製鉄所 軍艦島 が 世界遺産に推薦

菅官房長官は17日午前の記者会見で、
政府が、2015年の国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)
世界遺産委員会に向け、「明治日本の産業革命遺産」
を世界文化遺産として推薦することを正式に発表した。

八幡製鉄所は、明治34年に官営製鉄所として操業を開始した。
昭和9年には民間業者と合同して日本製鐵が発足。
戦後の昭和25年、日鉄は解体され、八幡製鐵となる。
昭和45年、富士製鐵と合併して新日本製鐵(新日鉄)となった。
平成24年には、住友金属と合併して、新日鉄住金となり、
世界をリードすることになった。

東京の北区中央図書館は、旧陸軍の倉庫を改修して作られている。
その柱に、八幡製鐵のH鋼が使われている。
写真ではちょっと見づらいが。

yawata.JPG

日本の近代化を押し進めた証の施設が世界遺産に登録されたら、
関心が高まり、温故知新的に、あらたな未来が開けてくるように思う。

軍艦島を見た時は、衝撃的だった。
昔、映画で見た。
主人公の生まれ故郷として映った。

運動会の様子が映り、
活気があって楽しそうだった。



最近、Googleのストリートビューでも軍艦島が見れるようになった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

1964年 東京オリンピック開催 マラソンの円谷選手 [ドキュメント]

1964年 東京オリンピック開催 マラソンの円谷選手

1964年の東京オリンピックでは、マラソンの円谷幸吉選手が
唯一銅メダルを獲得した。

メダルはその一つだけだった。

当時の日本は、オリンピックの競技では、
世界からだいぶ遅れていたようだ。

円谷選手は、東京オリンピックの後、苦悩が続いた。

自衛隊体育学校所属。
次のオリンピックが大事と、婚約を破談にされてしまう。
よき理解者等が転勤などで離れて行き、孤立無援になって行く。

オーバーワークが原因で、腰痛に苦しめられる。
ついに椎間板ヘルニアを発症。手術を受ける。

かつての走りは出来なくなった。

メキシコオリンピックの年、自室で頚動脈を切って自殺した。
「父上様、母上様、三日とろろ美味しうございました・・・から始まる遺書は、
世間に衝撃を与えた。

小学校3年生だった私も、そのニュースを見て、
とても悲しい思いをしたことを覚えている。

円谷さんの遺書は、学校でも話題の登った。

遺書の全文(原文のまま)

父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。干し柿 もちも美味しうございました。
敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。
勝美兄姉上様 ブドウ酒 リンゴ美味しうございました。
巌兄姉上様 しそめし 南ばんづけ美味しうございました。
喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。又いつも洗濯ありがとうございました。
幸造兄姉上様 往復車に便乗さして戴き有難とうございました。モンゴいか美味しうございました。
正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。
幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、
良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、
光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、
幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、
立派な人になってください。
父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。
何卒 お許し下さい。
気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。
幸吉は父母上様の側で暮しとうございました。

- Wikipedia より

とてもやさしい言葉が続いている。
とても真面目で、
とても心やさしい人だった。

タグ:マラソン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1964年 東京オリンピック開催 聖火ランナー [ドキュメント]

1964年 東京オリンピック開催 幻の聖火ランナー

幼稚園でマラソンを見に行くことになった。
もう東京オリンピックは始まったのだろうか。
テレビでは、まだやっていなかったようだけど。

あんまり頭が良くなかった私は、
漠然と、マラソンの雄大さを思い描いていた。

幼稚園児は小さい。
その日は朝から小雨が降っていた。

黄色い合羽を着た。
幼稚園児の頃は、傘は持たなかったように思う。

先生の後を二列になって歩いた。
おかあさん達もいっしょだった。

わたしは、板橋区前野町に住んでいた。
幼稚園は歩いて5分くらいだった。

近くに中山道があって、そこに向かった。
まだ、都電が走っていた。

たぶん、
二列になって、
となりの子と手をつないで歩いた。

仲の良い子だとうれしいのだが、
つんつんした女の子だと、
手をつながず、
指一本だけ絡ませたりした。

先生に見付かると怒られた。

中山道の沿道に着くと、すでに
人がいっぱいだった。

引っ込み思案だったわたしは、
なんとなく後ろの方に居た。

その時もなんとなくわかったし
後になってはっきりしたけど、
マラソンではなかった。

聖火ランナーだった。

白い細いパイプの先から煙りを出して、
聖火ランナーは走り抜けていった。
たぶん。

わたしは、ランナーも、
聖火も見ていない。
見えなかった。

複数の走る足音が通り過ぎるのはわかった。

後で、家でテレビで見た。

オリンピックの為に、都心では、
激しい開発が行われたようだが、
板橋は田舎だった。

家の前は箱屋と原っぱ。
どぶ川の水は、メッキ工場の廃液で、ギラギラしていた。

雨で、聖火は消えなかったのだろうか。
一回くらい消えたかもしれないなあ、と、その時思った。
大人は嘘をつく。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2020年のオリンピック開催地が東京に決まった [ドキュメント]

2020年のオリンピック開催地が東京に決まった

17年後。
日本は、大きく変貌していることだろう。
真の意味での国際社会になっていそうだ。

少子化が進み、青年世代の空洞化がすすんでいる。
その穴埋めをするのが、アジアの人々。

既に、東京のコンビニや吉野家では、アジアの若者が多く働いている。

大国とか小国とかの概念はなくなり
それぞれの地域が、得意なことを専門に行っている。

勝ち組、負け組の概念もなくなり、
みんなで勝とう。
みんなで負けよう。
そんな風潮になっているかもしれない。

そんな、経済的に穏やかの中で、
スポーツの世界では、熾烈さが激しくなっている。

スポーツに準ずるものも同じ。
数学オリンピックとか、
物理オリンピックとか、
ロボコンとか。

それらのものが社会を引っ張り上げている。

そんな風景を見てみたい。

by
きつネ工房
http://www6.ocn.ne.jp/~tataosan


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

小泉今日子のホーリーマウンテン 父の死 木の水中眼鏡 [ドキュメント]

ホーリーマウンテン

10年以上前の、深夜のテレビ番組。

小泉今日子さんと、きたろうさんのコンビで、
日本にある、神聖な場所に行って、いろいろ語り合う。

まだ、インターネットはそれほど普及していなくて、
メールがやっと出来たくらいだ。

その番組で、感想をメールで募集していたので、
始めたばかりのパソコンで送ってみた。

ある日、昼間だったから、再放送だったのだろうか。
小泉今日子さんが、メールを読み上げた。

ふと、わたしの名前が呼ばれた。
ちょっと読みづらい名前なのだが、
小泉今日子さんは、正確にわたしの名前を読んでくれた。

一瞬のことで、理解するのに暫くかかった。

こんなこともあるんだなあ、と、思った。
その頃は、父が白血病で入院していた。

仕事に行く前と、仕事を終えた後と、日に二回、病院に通った。
土曜日も日曜日も。

妻とは別居していた。
だから、自由に出来た。

毎日が暗い気持ちだったが、一生懸命生きていた。

桜が散って、しばらくして、父は他界した。
暑い日だった。

小泉今日子さんの歌は、アイドルの時より、
大人になってからの歌が好きになった。

しっとりとして、心にしみた。

テレビ番組を、音で聴くと、新鮮な感じがする。
木の水中めがねは、パイロットのゴーグルのよう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ドキュメント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。