So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

J2京都驚きのFK J1昇格を目指して [スポーツ]

9人ががりのフリーキック。
ブラジル人バドゥ監督の奇想天外な作戦。

百聞は一見に如かず。まずは、動画を見てください。

京都のトリッキーなフリーキック


フリーキックというと、個人技かなと思ってしまいます。
中村俊輔さんなんか見て来たので。

京都のフリーキックは、集団で、相手を撹乱して、見ていて、楽しそうです。
こんな作戦もあったんだな、と、サッカーの奥深さを感じました。

開成高校での実話をもとにしたドラマ「弱くても勝てます」も、
面白いです。

どんな競技でも、弱い人は、いろいろなことを考えます。
---------------------------------------------------------------------------
スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------------------
スポーツだけではありません。
優秀でない人間は、いろいろ工夫しています。
一発逆転は、なかなか起こせませんが、
夢ではありません。

京都のサッカーを見ていたら、
「もっと自由でいいんだな」と思いました。

わたしは、現在、システムエンジニアの仕事をしています。
思うように仕事が進まず、悩み始めています。
進捗が遅れて行く事は確実です。

なんか、別の発想をすればいいとは思うのですが。
どうしても、時間で解決しようとしてしまいます。

一日は、10時間と・・・

上手く手を抜くことを考えてみようと思います。
もしかすると、今、一生懸命やっていることは、
あまり重要ではなく、
別のところに、重要な課題があるかもしれません。

フレームワークを使用すると、システム開発が楽になると思われていますが、
現実は、昔と変わらないです。きついです。

何が原因かなと考えてみました。

凝り過ぎなんです。

もっと、あっさりとした仕様でいいのです。

もう少し、悩み日々が続きそうです。

京都のサッカーを見て、気持ちを高めましょう。
ワクワクしましょう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

(2020年東京オリンピック)新国立競技場の建設費見込みに森元首相が怒りをあらわ [スポーツ]

東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場の総工費の予算は1300億円 ですが、コンペで選ばれたデザインでは3000億円になることが判明しました。

新国立競技場のデザインは国際コンペとなり、
イラク出身でイギリス在住のザハ・ハディドさんの設計
決まりました。

コンペの仕方も、選ばれたデザインも、賛否両論。
なんで日本人に絞らなかったのでしょうか。
日本で行われるオリンピックなのに。
まだまだ、デザインの世界では、日本は後進国なのでしょうか?

森喜朗元首相は、小倉純二・日本サッカー協会名誉会長の叙勲を祝う会に
出席。あいさつの中で、
「見積りの1300億円でやらせればいい」
「正直、あのデザインは好きではない」
と語った。

これから、東京オリンピックに向けて、建築ラッシュになるでしょう。
道路渋滞の解決方法を根本的に考えるチャンスです。
思い切ったことが出来る、いや、しなくちゃいけない時です。

1964年の東京オリンピックの時、丹下健三がデザインした国立代々木競技場は
とても斬新でした。建築を実現する為に、造船技術を駆使しました。

3月11日の、あの大震災の日、東京スカイツリーは、まだ建築中でした。
大きく揺れましたが、なんともありませんでした。

日本の建築技術は、格段に進歩してきました。
今回の新国立競技場のデザインも実現出来るでしょう。
予算がありますから、予算にあわせたマイナーチェンジが行われるでしょう。
このへんは、日本が得意とする分野です。

コンペですから、複数のデザインから選ばれたのでしょうが、 なぜ、国民の意見を聞かなかったのでしょうか。 専門家の意見を添えて、みんなに選んでもらったら、 相当盛り上がったことでしょうね。


フィギュアスケートグランプリシリーズ2013 期待の浅田真央 [スポーツ]

グループ開幕戦が始まりました。
今期で引退を表明している浅田真央。
全米女王ワグナー、ロシアの天才少女ラジオノワとの対戦。

ショートプログラムは、10月20日(日)に行われました。
浅田真央さんは、最後に登場しました。
曲はノクターン
23才の浅田真央さんは、トリプルアクセルという難易度の高いジャンプと、
優雅なステップと。
ノクターンがとても合っていました。

ノクターンとは、夜想曲と訳されています。
夜を思う曲。
飲み明かした友人や恋人と、夜明けを迎え、
過去になってしまった夜を懐かしむ。
社交界に馴染んできたショパンは、そんな気持ちを曲にしたのでしょうか。

10月21日(月)はフリー演技です。
ショートプログラムでトップに立った浅田真央さんは、
どのような演技をするのでしょうか。

今期を最後に引退を表明したとき、まだ十分やれるのではないか、と思いましたが、
浅田真央さんは、今がピークだと感じたのではないでしょうか。
大きなスランプも経験し、全体が見えて来たのではないでしょうか。
その冷静さ、決断の早さは凄いと思いました。

フィギュアの次を、すでに持ちつつあるのでしょう。
次は何を目指すのか、とても楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。