So-net無料ブログ作成
オリンピック ブログトップ

観光庁外国語表示を統一 2020年東京オリンピック開催に向けて [オリンピック]

あなたの身の回りの外国語表示におかしいものはありませんか。
中学高校と英語を勉強して来て、少しは読めるようになったでしょう。
でも、正しいかどうかは分かりません。

いつ頃からか、駅などの表示に、中国語が入るようになりました。
日韓ワールドカップあたりからは、ハングル語が入るようになりました。
でも、わたしには、どちらも読めない。
中国人の為、韓国人の為なのでしょうが、
へんてこな表示になっていないでしょうか。

大学予備校に通っていた時、英作文で「隅田川」の単語が出ました。
Sumida River かな。
何かぴんときませんでした。

英作文の先生は、次のように解説してくれました。
「隅田川」で、一つの固有名詞になっているので、
一般的に「Sumidagawa River」を使います。と。

意味的には、川川と続くが、響は良いと思いました。

今回、2020年の東京オリンピックをひかえて、観光庁は、外国語表示を統一します。
英作文の先生が示したような内容になるようです。

でも、それでよいのでしょうか?

たとえば、海外から来た人が、駅の案内が読めたとして、電車の乗り継ぎが出来るのでしょうか?
必ず、駅員か、言葉がわかりそうな人に聞くでしょう。

日本が、観光立国を目指すなら、
海外からの観光客を十分にもてなす必要があります。

海外からの観光客を案内出来る人を多く育てる必要があります。
外国語に自信のある人は、ボランティアで通訳をかって出るかもしれません。
しかし、観光立国になる為には、日本人全てが、
海外からのお客さんを案内できる必要があるのです。

言葉はそれほど出来なくても、新宿から秋葉原まで案内は出来ます。
もっと人を育てる対策を立ててほしいと思いました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
オリンピック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。